運転免許証の引越し手続き

運転免許証の引越し手続き

引越し手続きの中で、役所の届けや子供の学校の手続き、ガスや電気、水道などの手続きは忘れる事は少ないでしょう。
しかし、見落としがちなのが、免許証変更の引越し手続きです。

 

免許証は、大切な本人確認証、身分証明証にもなるので、忘れずに引越し手続きを行うようにしましょう。

 

免許証の変更は、同じ都道府県内での引越しであれば、新居の住民票もしくは、新しい住所を確認できるものと免許証、印鑑を用意し、管轄の警察署で引越し手続きが出来ます。

 

運転免許証記載事項変更届の書類に必要事項を記入し、免許証の裏面に新しい住所を印刷してもらうのみです。
この引越し手続きは、運転免許センターでも手続きが可能です。

 

引越し先が違う都道府県の場合には、もう少し時間がかかります。
まず免許証ごと変える事になるので、免許証用サイズの証明写真が必要です。
この証明写真は、申請前の6カ月以内に撮影したものである必要があります。

 

ちなみに、引越し手続き以外でも、運転免許証記載事項変更届の手続きが必要場合があります。
まずは、本籍が変わった場合、結婚などで指名が変わった場合、そして住所が変わった場合です。

 

引越し手続きで、運転免許証の記載事項変更届の手続きを行わなくても、運転免許証は有効ですが、免許証更新のハガキは記載住所に送付されるので、念の為行っておいた方が良いでしょう。